客演曲。

客演曲。

 この間、Itaqくんという秋田県のラッパーの子に曲に参加して欲しいと依頼を受けたので、一緒にラップしました。こう言ういわゆるトラップっぽいビートを毛嫌いしている人もたまにいますが、新しい風や流行りのスタイルが存在することは文化としてとても栄えてる証拠でもあると思うのでそこも踏まえて私は好きです。トラップビートに対するラップのアプローチはある程度、定型化してるとこがあるんですけど、自分は音程のつけ方や合いの手をあえて入れないことで自分らしさを出してみました。歌詞に関してはItaqくんの歌詞を踏まえて、そのムードにもう少し色を足す感じでやってみました。この曲は彼のミックステープに入るとのことです。ミックステープっていうのは無料で聴けるラッパーにとっては宣伝素材みたいなものです。なのでトラックとかもビートジャックやリミックスが多く音質も商品化されてるものより劣るのが一般的です。そのガチャガチャした感じが逆に良かったりもします。聴いてみてね。